だし処 つる松

こんにちは。
事務分の片山智美です。
暑くもなく寒くもなく、
いい季節ですね。
 
先日、京都文化博物館
『鈴木敏夫とジブリ展』に行ってきました。
 

展示場ではジブリのプロデューサーであられる鈴木敏夫の生い立ちから、
ジブリ作品ができるまでの事、
そして鈴木敏夫さんの本棚まで飾られていて、
アニメの世界だけでなく、
アニメの内の内側まで覗ける展示でした。
 
最後には『湯婆婆』『銭婆』の口の中に手を入れて取るおみくじもありました。
ここは子供に返って楽しかったです。

 

その次に向かったのが、

幕末維新ミュージアム『霊山歴史館』

幕末に活躍した人達の手紙や刀、
中でも『西郷隆盛』が切腹された時の刀が飾られていたのにはビックリ、
正直  こっ こわっっ!!ってなりました。
 
そしてここから直ぐの
 

坂本龍馬、中岡慎太郎のお墓。
護国神社。
京都満喫の一日でした。
 
ここからはお店紹介。
製麺所のおうどん
『だし処 つる松』
オフィス街の中央区本町のど真ん中に今年3月オープンしたした。
製麺所のおうどんと言うこともあり、
麺はは最高なのですが、
だし処とあって、
だしも最高に美味しかったです。
 

とり天ぶっかけ

サーモンいくら出し茶漬け

肉うどん 天丼

とり天かけうどん 特製炊き込みごはん

 
うどん、どんぶり、だし茶漬けとのほか、
コース料理、
夜のメニューも充実していて、
いつ訪れてもお腹いっぱいになれます。
 
本町にお越しの際は是非立ち寄ってみてくださいね。

だし処 つる松はコチラ

最近の記事

  1. 西梅田らんぷ

    2022.11.19

アーカイブ
PAGE TOP